MENU

レバリズム-Lは脂肪肝の改善効果が期待できる?

レバリズム 脂肪肝

 

レバリズム-Lには、解毒作用を助けて肝臓の負担を減らすしじみエキス・肝臓の解毒分解作用を助けるとともに肝臓に溜まった中性脂肪の排出を促す牡蠣エキス・酸素を届けて肝臓を健康にするスクワレンなどの有効成分が配合されています。

 

他にも、肝臓の解毒作用に重要なグルタチオンを作るL-シスチン・肝臓に溜まりがちな脂肪をエネルギーに変えるときに重要な働きをするビタミンB2・肝臓の働きをサポートするビタミンEも配合されています。

 

レバリズム-Lは肝機能をサポートして肝臓を元気にする事で、脂肪肝の改善効果が期待できるサプリメントなんです。

 

レバリズム-Lのどの成分が脂肪肝に期待できるの?

 

 

レバリズム-Lに配合されている成分の中でも、特に脂肪肝の改善効果が期待できるのが牡蠣エキスのタウリンです。

 

肝臓は幹細胞と呼ばれる細胞で構成されていますが、アルコールの飲み過ぎや食べ過ぎによって肝臓が酷使されると、幹細胞は壊れて死んでしまいます。

 

特に脂肪肝の人は大量に幹細胞が死んでしまう為、肝臓の再生機能が間に合いません。そこで有効な働きをするのがタウリンです。

 

タウリンには中性脂肪を速やかに体外へと排出させる働きがある為、疲れて弱っている肝臓を再生させる効果があります。

 

肝臓に溜まった脂肪を減らすとともに、肝臓を元気にしてくれる成分なのです。

 

脂肪肝になった場合に起きる症状

 

 

脂肪肝は、肝臓に余分な脂肪が溜まっている状態です。

 

肝臓は沈黙の臓器とも言われており、明らかな自覚症状が現れにくいといわれています。

 

ただし肝臓が疲れている状態として考えられるのは

  1. 疲れやすい
  2. 食欲がない
  3. お腹が張る
  4. 脚がむくむ

などの症状です。

 

放っておくと肝硬変になったり、幹細胞の破壊や炎症が進んで線維化するNASHになってしまうこともあります。

 

更に悪化して肝硬変になると黄疸や腹水・食道静脈瘤などが起こったり、最悪の場合には肝臓ガンを発症してしまうこともあります。

 

脂肪肝の初期の内に改善させておく事が重要なのです。

 

レバリズム-Lを飲む以外に脂肪肝改善につながる行動

 

 

脂肪肝を改善させるには、レバリズム-Lを飲むだけでなく、食事の改善も必要です。

 

食事は1日3食・腹8分目で、規則正しく適切な量を食べましょう。

 

幹細胞の再生には肉・魚・大豆製品・卵などの良質なタンパク質が必要ですが、腹8分目で食べ過ぎないようにする事が大切です。

 

体の酸化を防ぐ為に、抗酸化作用が強い野菜類もしっかり摂りましょう。

 

血糖値の急激な上昇は肝臓にも悪影響なので、白米よりも玄米を、うどんよりもそばを選ぶのがおすすめです。

 

また、ストレスによる自律神経の乱れも肝臓の疲れにつながります。

 

適度な運動やぬるめのお湯での入浴など、自分なりのストレス解消法をみつけて実践しましょう。

 

▼初回モニター980円▼

レバリズム−L 脂肪肝 ボタン

 

>> 【レバリズム−L販売店調査】薬局巡って分かったお得な購入先!  TOP