MENU

レバリズム−Lは腎臓にも好影響

レバリズム 腎臓

 

レバリズム−Lは肝機能を改善・向上させる効果が期待できる『しじみ×牡蠣×スクワレン』サプリです。

 

そんなレバリズム−Lですが肝臓のみならず腎臓にも好影響を与えると言われています。

 

一体、どんな理由で肝臓のみならず腎臓にも好影響を与えるのでしょうか。

 

レバリズムLが腎臓に良いのはオルニチンが理由

レバリズム 腎臓

 

レバリズム−Lが腎臓に好影響を与える理由として、レバリズム−Lに配合されているしじみエキスにたっぷり含まれるオルニチンに理由があるのだそうです。

 

オルニチンは元々、人間の体にある物質で、遊離アミノ酸と呼ばれる成分の一種です。

 

アミノ酸の多くがタンパク質を構成している中、オルニチンはそれらとは異なり、血液中に溶け込んで体内を巡っています。

 

オルニチンは、肝臓や腎臓の中で人体にとって有害なアンモニアの解毒を行ってくれるとても重要な成分です。

 

食べ物では前述の様にしじみに多く含まれていて、二日酔いの際にしじみの味噌汁が良いと言われたりするのは、こういった理由があるからなんです。

 

オルニチンサイクルとは

腎臓や肝臓へ運ばれてきたオルニチンには、オルニチンサイクル(尿素回路)と呼ばれるアンモニアの解毒を促す作用があります。

 

アンモニアはそのまま体に溜まってしまうと場合によっては命を脅かす事もある物質です。

 

前述の様にオルニチンには、アンモニアを取り除くことで、人間のエネルギー代謝や活動をスムーズにする働きがあります。

 

オルニチンサイクルによって、有毒なアンモニアを無毒な尿素に変換する事で、腎臓や肝臓に余計な負担をかけることなく、尿として、体外へ排出できます。

 

オルニチンが不足すると解毒処理が間に合わない

このオルニチンの量が充分でなかったり、オルニチンサイクルが何らかの理由で満足に働かなかった場合、あるいはアンモニアが大量だったときには、解毒処理が間に合わなくなります。

 

するとアンモニアの解毒処理には腎臓のろ過機能や、肝臓による尿素への変換機能が用いられることになり、2つの臓器にとても大きな負担がかかります。

 

特に腎臓は、アンモニアを解毒しあとに尿素を尿に溶かし、排出するという仕事もあります。

 

オルニチンは、加齢と共にどうしても生成する量が減少してしまいます。

 

レバリズム−Lにはたっぷりオルニチンが配合されているので、腎臓の機能が低下している場合も肝臓同様サポートしてくれる効果が期待できます。

 

初回980円でお試しできるので、気になる方はお試しする価値はありそうです。

 

▼初回モニター980円▼

レバリズム−L 腎臓 ボタン

 

>> 【レバリズム−L販売店調査】薬局巡って分かったお得な購入先!  TOP